エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在位置:  入船小学校 > 教育活動(学校行事等) > 令和3年度 > 4年生 「あすチャレ!ジュニアアカデミー」(6月24日)


ここから本文です。

4年生 「あすチャレ!ジュニアアカデミー」(6月24日)

ページID K3016357 更新日  令和3年6月30日  印刷

6月24日(木)にオンラインで「あすチャレ!ジュニアアカデミー」に参加しました。これは、日本財団パラリンピックサポートセンターが、「障がい」や「共生社会」について考えるきっかけづくりを目的として実施しているものです。

お話をしてくださったのは、車いすラグビーのリオ2016パラリンピック銅メダリスト官野一彦さんです。「かんちゃんと呼んでください。」と言う言葉に、一気に距離が縮まりました。

また、一方的な話ではなく、双方向に対話をしながらの学習で、みんな親しみを持って話を聞くことができました。

かんちゃんは、サーフィンをしていた際に、首の骨を折り、歩けなくなってしまったそうです。そんなかんちゃんが、自分で車を運転できること、車いすラグビーでパラリンピックに参加して銅メダルをとっていることなどを知り、感心していました。

また、「障がいは障がい当事者にあるのではなく、社会や人の心、ルールにある。」「世の中から障がいを少なくするにはそれらを変えていくことが必要」という話を聞き、障がいは、周りの人が大切であることを感じ、違いを認めることの大切さを感じている子もいました。

後で、感想を見てみると、2つのことが特に心に残ったようです。

1つは、「失敗することで成功につながる」ということ。

そしてもう1つは、「できるかできないかじゃなく、どうやったらできるかが大切」ということでした。

とても大切なことを学んだ1時間でした。是非、これからの自分の生活にいかしてほしいです。

1
オンラインで学習しました

2

3
質問に答える場面もあります

4
対話をしながら、大切なことを学んでいきました

5

このページに関するお問い合わせ

浦安市立入船小学校
〒279-0012 千葉県浦安市入船3-66-1
電話:047-353-8503 ファクス:047-380-4313



このページのトップへ戻る