エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在位置:  入船小学校 > 教育活動(学校行事等) > 令和3年度 > 4・5年生 認知症サポーター養成講座(7月6日)


ここから本文です。

4・5年生 認知症サポーター養成講座(7月6日)

ページID K3016431 更新日  令和3年7月7日  印刷

今日は、市の方による「認知症サポーター養成講座」がありました。

今年度は、オンラインで4・5年生の5クラスに同時展開で行われました。

最初に、お年寄りのイメージや認知症のイメージを聞いた後、認知症とは、病気ではなく、症状であること。例えばご飯を食べたことを忘れてしまって、また食べたいと言った時どのような対応をすればよいのか、悪い対応例を見て話し合いました。“否定をしないこと”が大切ということを教えてもらい、次によい対応について学びました。

認知症サポーターとは、認知症の人の「応援者」で、特別なことをする人ではありません。できないことがあっても温かく見守ってあげたり、ヒントを出してあげたり、自分のできることを考えてやってあげることが大切だということを学びました。

相手のことを考えて行動することは、認知症の方だけでなく、誰に対しても、どんな時でも大切なことだと思います。

最後に今日の学習の感想を、一人一人が葉っぱに書いて、思いやりの木に貼りました。

1

2

3

4

5

6

7

8

このページに関するお問い合わせ

浦安市立入船小学校
〒279-0012 千葉県浦安市入船3-66-1
電話:047-353-8503 ファクス:047-380-4313



このページのトップへ戻る